自分の未来へ投資をしていますか?[コーチング料金の話]

未来への期待 コーチング
この記事は約4分で読めます。
考えるポイント
  • コーチングを受けるときの相場料金っていくらなの?
  • 値段に応じた質の違いはあるのか?
  • 自分が受けるとしたらどのくらいの料金が妥当なの?

「コーチングって高いですよね」とか「コーチングは富裕層が受けるものだよね」といった言葉を聞きます。たまに、ではなく割と頻繁に。単純に料金表を見る限り、数万円の値付けが目に入りますから決して易いとは言い切れないのも事実です。

どんなサービスを利用するにしても、少し調べたら「大体これくらいの予算を用意しておけばいい」という相場があるのですが、コーチングはそれがつかみづらい、というより有るのか無いのかすら微妙なところです。

利用者が混乱するコーチング料金の相場

私もコーチですから自分が属するマーケットの相場は気になります。実際調べるとすぐに分かるのですが、数千円から十数万円(高額なコーチほどホームページなどで公開されていない場合が多いです)という価格の開きがあるので利用しようとする人が理解に苦しむのも無理はないと思います。

料金設定が安いコーチは経験が浅い傾向にあります。まだ修行中のみだから大きな金額は頂けないという心理が働き、数千円から1万円程度のレンジで価格を設定しているようです。

料金設定が高いコーチはある程度経験を積んだ人が多いと思います。1時間あたり10万円とか。私が知る中で最も高い人は90分間で17万円です。(20代前半の月給の手取額と同じ?)

同業者なのである程度の実力の差は分かるのですが、1万円のコーチと10万円のコーチの実力差は歴然としています。でも2万円と4万円の差は微妙ですね。差が無いのではなく個々のコーチの能力にばらつきがあるので、このレンジだと価格差=実力差とは言えなくなります。

ここまでの料金設定の話には落とし穴があって、コーチによって実施形態が違うのです。同じ3万円でもあるコーチは45分間のセッションを月2回、別のコーチは60分間のセッションを月1回だったりするのです。

もうこうなるとお手上げですね。

これはあくまで私個人の感覚ですが、2時間程度で月額2~3万円を基準に考えるとよいかと思います。私がコーチとして活動し始めた頃に調べたおおよその相場がこの価格帯でした。そしてそれは今も大きく変わっていないと思います。統計値ではなく感覚値ですので、参考程度にご理解ください。

概ねの理解として、金額の高いコーチは自分のコーチングに自信があり、安いコーチはまだ自信が持てていない。という理解で大きくは間違っていないはずです。

コーチング料金はどのようにして決められているのか?

人様からお金を戴いても問題の無い、しっかりとしたコーチングの技術を身につけようとしたらお金と時間が必要です。専門的な知識やスキルは短い時間で理解を深めることは出来ません。継続的に学び続けることによって習得できるものです。だからコーチはお金を出してスクールに通い、継続的に学びながら実践でスキルと経験を身につけていきます。

私の場合は2005年にコーチングを知り、翌年から約1年7ヶ月かけてスクールを卒業しました。当時の費用で総額100万円くらいの投資です。そこから17年間、実績を積み上げて現在に至ります。その間にもメンターコーチを雇ったりしたので最初の2年間だけでも150万円はコストとしてかかっています。

個人的な感覚では投資金額よりも、かけた時間と努力が貴重で、長い年月を掛けた私の努力を安く売りたくありません。他のコーチも同様で、しっかり学んだコーチは皆、自分の努力の賜物を安売りしません。もしあなたがしっかりとした人からコーチングを受けたいのであれば、それ相応の料金設定のコーチを選んだ方が良いはずです。

自分の未来を想像(創造)できますか?

とはいえ「無い袖は振れぬ」のですから、あなたはあなたの経済的環境の中から妥当な金額を考える方が賢明です。

自己投資は年収の5%~10%程度かけるのが良いという話があります。これに従えば年収600万円の人なら年間30~60万円を自己投資に充てるということです。しかし日本人は社会に出てから学習しなくなるというのも事実。これは厚生労働省の調査結果にも表れています。

仕事を通じて学ぶという考えもありますが、本当にそれだけで足りているのでしょうか。企業にお勤めの方であれば企業が研修を用意しています。しかしコロナ禍で集合研修などが控えられ、さらに学習時間が減っているとの話もあります。コーチングを受ける受けないは別として、社会人の学習時間が年々減っているという事実は悲しくもあります。

コーチングを受けることは、あなたが未来の自分へ投資することです。あなたが行動を起こし、考え方を変えていくことで新たな可能性が生まれます。そこにどのくらいの金額を掛けるべきなのかと言うことなのです。自己投資というと英会話や資格取得が人気ですが、基盤であるあなた自身に対する投資も必要でしょう。

あなたが自分の未来を信じて、定期的にコーチと話をしながら活き活きと仕事をこなす。こんな姿を想像できたならば、コーチングは決して高いものではないと思います。

あなたは未来のために自分に投資できますか?

まとめ
  • あるようでないのがコーチング料金の相場
  • 価格はコーチングの質ではなくコーチの自信の表れ
  • 自分の経済的な余裕と相談しながら、自分の将来価値を想像(創造)しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました