なぜコーチングってそんなに高いの?

コーチング
この記事は約3分で読めます。

コーチングを受けてみようかなと思うものの、その料金をみてひるんでしまった。こんな話はよく聞きます。ちょっと相談したいだけなのに、毎月何万円も取られるなんて。デフレスパイラルに落ちた日本にいると余計にそう感じるかもしれませんよね。

独立してプロのコーチとしてやっていこうと思う人はかなり迷いながら価格設定をしています。この値付けで受けてくれるのかな?と。特に始めたばかりの人は自分が提供するコーチングに自信が持てないために、余計悩んでいることでしょう。

提供する側の視点で考えると、生活するためにお金が必要ですし、毎月○○万円欲しいという金額があるはずです。それを稼ぐためにはかなりの努力が必要なのですが、コーチングはサービスと共に自分の時間を提供する商売でもあるのです。だからひとりのコーチが提供できる時間は限られます。

時間単価を低くするとお客は来るかもしれないけれど、必要なお金が稼げない。どうしてもある程度の金額にせざるを得ないのが実情なのです。

時間コストの認識が低い人には分からないかもしれませんが、タイム・イズ・マネーという言葉があるとおり、時間は大切なリソースなのです。それを売る、さらに習得までに費やした時間と努力を加算するとどうしても安い値付けは出来ないのです。

人によっては言い訳に聞こえるかもしれませんが、これは動かしがたい現実なので仕方が無い。

コーチを斡旋する団体もあります。こちらは結構安い金額で提供しているところも多いですね。私の知人コーチたちも登録されています。集客をする団体とサービスを提供するコーチ、互いに利害が一致している部分もあります。団体は契約金額から歩合で収益を得ます。コーチは難しい集客の問題が解消されてコーチングに集中できる。

登録をしている知人コーチから実情を聞くと、経験値を増やしたいので登録しているとのこと。個人で集客するのは難しいからその部分が解消されたら楽。経験を積んだら個人で実績をアピールしながら自分自身の価値をアピールできる。それまでの我慢。

読んでいて気づいた人もいるかもしれませんが、登録されているコーチはまだ駆け出しか、それ相当の状態であるということです。だから悪いというわけではなく、これから経験を積むコーチであることは大方当てはまるのではないでしょうか。

では実績のあるコーチはどうかというと、皆高い価格設定でやっています。固定のファンもついているのでやっていけるのです。

価格はコーチ選びの重要な要素かも知れませんが、それだけで決めると損をするかもしれません。基本的な考えとして、価格や実績も大切だけど、あなたに合ったコーチであるかは別問題ということです。

えっ、私はどうかって?

私はコーチングを始めたときから「はたらく人」を応援したいという想いがあります。コーチになったのもそれが原動力でした。その頃のイメージとしては後輩(新卒~30代)や中間管理職がメインでした。いまはもう少し範囲が広がっていますがはたらく人を応援することがベースです。だから「はたらく人」が受けられる価格が私のコーチングの価格です。私と同じような実績と資格を持っているコーチとくらべたら、おそらく私の値付けはかなり安いと思うのですよ。何の自慢にもなりませんけど。

あなたはどんなコーチからコーチングを受けたいですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました